タスク管理超初心者はこちらの記事から!!

【感想】『サタノファニ』エロにまみれた殺人鬼同士の戦い【ネタバレ注意】

https://sumaotaku.com/wp-content/uploads/2019/11/otaku_tshirt_man.png
サタノファニが気になる人

サタノファニという漫画が気になっています。
一体どんな漫画なんですか??
面白い漫画だったら読んでみたいと思います!

どうも、SUMAと申します。
だいたい100作品くらいの漫画連載を追い続けているオタクです。
このブログでは僕が読んだ漫画を目一杯に紹介しています。

さて、ここからが本編です。
この記事では『エデンの檻』『DEATHTOPIA』で有名な山田 恵庸(やまだ よしのぶ)さんが連載中の『サタノファニ』を紹介していきたいと思います。
『サタノファニ 』はこんな↓方におすすめです!

こんな人におすすめ
  • エログロ系の作品が好きな人
  • ハイセンス?な漫画を読みたい人

山田さんの作品はハイセンスなエロギャグ?が魅力だと思っています。 エロネタなのかギャグなのか線引きが難しいところもあるのですが、 台詞回しがいちいちツボにハマるんですよね笑

サタノファニはエログロ体制がある人にとっては最高に面白い作品です!!

この紹介の仕方をしちゃうと、僕がエログロ耐性があることがバレちゃうんですけど、
何しろこの作品のいいところはエロにまみれた戦闘シーンエグいくらいのバトルシーンです。

具体的に言うと、
戦闘中に普通に全裸だったり、登場人物の一方が全力バトルをしているときに他のキャラクターがエッチをしていたりします汗

また、戦闘では銃やナイフを存分に使ったり、女の子が骨を折られて悶絶したりしています。

本当に、読むひとを選ぶ作品なので、エログロ耐性がない方は絶対に読まない方がいいですね

逆に「エデンの檻」などを読んだことがあって、山田先生のさくふうを知っている。面白いと思った。
と言う方には本当におすすめです!!!

多分、過去の山田先生の作品の中でもトップクラスにぶっ飛んだ作品になっています!!

総合評価・レビュー

さて、ここからはレビューをしていきたいのですが、
公式サイトで試し読みが出来るので埋め込みをしてみました!!

まずは、どんな作品なのか世界観を知りたいという方は是非読んでください!!

試し読みをしていただいた部分は、本当に序盤でまだ内容が全く進んではいないのですが、
誰が読んでもこれからの展開に期待を持てる最高の導入ですよね♪

『サタノファニ』の評価
ストーリー
(3.5)
作画
(4.0)
キャラクター
(4.0)
エログロ
(5.0)
総合評価
(4.0)

ちなみに僕の総合評価としてはこの表のような感じです↑
評価についてそれぞれ深掘りしたいと思います。

ストーリー

試し読みで読むことのできる1話部分が終了すると、
2話からは、羽黒刑務所での生活が始まります。

女の子しかいない刑務所の中では、
キャラクター同士の絡み(意味深)だったり、
登場人物それぞれの過去エピソードに触れたり、
物語の根幹となる殺し合いに発展していく様子が描かれてます。

少女たちそれぞれに過去の凶悪犯罪者の人格が宿っているのですが、
それが、ストーリーの進行に大きく関わってくるととなり
マジで面白いです。

作画

長年の人気作家だけあって、連載が進んでいく中でも絵柄がぶれたりということはありません。
リアル調に近い絵柄なので、大人な漫画を求めている人にもぴったりだと思います。

ちなみにエログロシーンについてはリアル調とセリフのギャグテイストが混じり合っているので読んでいて、
笑えばいいのか、泣けばいいのか、興奮すればいいのかマジでよくわからなくなります笑

キャラクター

各キャラクターがそれぞれ特徴を持っています。
個人としての性格と殺人鬼としての性格。
それがうまくミックスしていてそのキャラクターの個性が出来上がっています!!

また、山田先生の他の作品からのキャラクターがセルフオマージュみたいな感じで登場しています。
例えば、『エデンの檻』からはミイナ(金髪)が登場しています。
エデンの檻よりも成長した容姿で、完全に別人です。

他にも作品を超えて登場しているキャラクターもいますし、これからも登場する可能性がありますので、
過去作品も読んでいるという方は是非読んでください。
逆に過去作品に遡って読んでみるのも面白いかもしれませんネ。

エログロ

エロさとグロさを混ざり合わせた作品なので、人によっては嫌悪感を抱く人もいるかもしれません。

メスでドバドバと斬られたり、傷口に薄めた塩酸をかけられたり、舌の先っちょを半分に切られたりするのでそういった趣向がない方にはなかなか読んでいてキツイかもしれないです…(正直、僕はちょっときつかったです…)

しかし、そこを乗り越えることができる方には本当にお勧めできる作品です。

単純にキャラクターが脱いでいるだけではなく、ぶっ飛んだセンスのセリフもバンバン出てきます笑
「ナイスアス」というキラーワードには笑わされました。
多分、このワードだけ聞いてもよくわからないと思いますので、是非読んでください

感想(ネタバレなし)

おすすめポイント①:エロ全開のバトルシーン

この作品が一体どこを目指しているのかわからないですが、
山田さんの描く際どい描写たっぷりのバトルシーンは見所の一つだと思います。

時折、特殊性癖持ちではない僕には目を背けたくなるシーンもあったりするのですが、
恍惚とした表情でパンツやおっぱい丸出しで戦っているシーンは結構好きです。
また、百合ものが好きな僕にはありがたいシーンもあったりします笑

山田さんの描く漫画が好きな方にはたまらない一冊でしょう!!

おすすめポイント②:レズシーン

これは僕の趣味ですが、レズシーンもあります!!
まぁ普通に男との絡みもあるのですが、そういった趣向が好きな人も楽しく読むことができると思いますね。

まとめ:かなり面白いです!

なんだかんだ言いつつも、僕は全巻発売日に本屋で買っています!!
それだけ、先の展開が気になる作品だし、面白い作品なんですよね!!

とはいえ、発行部数がそんなに多くないのか近所の本屋だとなかなか見かけることがなくなってきました泣

なので、今から購入すると言う方は通販か電子書籍で購入することをお勧めします!!

マイナー作品なのか小さい書店だと新刊が発売したとしても入荷していないこともあるので、今から購入するならば電子書籍がおすすめです!!
僕は最初に紙で買ってしまったので、頑張って探してます笑

https://sumaotaku.com/wp-content/uploads/2019/10/5152E2DF-52A9-4DE2-A129-D97F546E6367.jpeg
スマ

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。
この記事が参考になった・良かったという人は、感想やご意見をツイッター(@suma_otasuma)や記事下のコメント蘭にいただけると嬉しいです!!

おすすめの人気記事

コメントを残す